クラブ活動

>>ホーム >>クラブ活動 >>運動部 >>バドミントン部

クラブ一覧へ戻る

目指すは全国制覇!!

【男子監督】梶原 卓  【コーチ】池 浩子
【女子監督】菅野 俊助 【コーチ】池 浩子
【活動日】平日    月〜金16時〜18時30分 
          土日祝  9時〜13時
【部員数】部員24名 男子11名 女子13名
【活動内容】
全国で勝つための練習
社会に出て活躍するための教育

【活動場所】
BWF(国際バドミントン連盟公認スポーツコート)
を使用したバドミントン専用体育館

【部活動の目的】
目標に向けてチャレンジする過程で,それぞれの夢の実現のために必要な能力と習慣と人格を身につける。そのために6つの項目にチャレンジします。

 自主独立
 共創協働
 相互信頼
 個性伸張
 人間尊重
 目標達成


【男子監督としてのクラブPR】

 「世界初4スタンス理論マスター級トレーナー(バドミントン)」
 この度、2017年3月に世界ではじめてバドミントンが専門種目の4スタンス理論(レッシュ理論レッシュトレーナー)マスター級に合格しました。
 プロ野球からゴルフ、サッカーなどあらゆる分野で近年取り入れられている最新の身体理論!!
 その理論をバドミントンに取り入れました。マスター級トレーナーが専属で指導しているバドミントン部は日本で本校が唯一となります。
 人それぞれ、生まれながらにして体の使い方は異なります。その人の本来持っている力やセンスを引き出し、最大限のパフォーマンスを引き出します。
 
 競技者として、法政大学時はキャプテンを務め、多くのナショナルメンバーの方々と共に練習させていただきました。
 自身も全日本総合選手権シングルス本選に2度進み、高校時代では全日本ジュニア、選抜、国体などでベスト8という経験をさせていただきました。
 社会人になって心理学、目標達成技術などのトレーニングを積み、スポーツ分野では日本体育協会アスレティックトレーナー養成の専門学校を卒業しました。
 
 心技体の全てにおいて最高のパフォーマンスを獲得することは勿論ですが、バドミントンを通じて自分らしい人生を送れるような人格形成のサポートをしていきます。
 
 

【女子監督としてのクラブPR】

 「実業団選手として活動した全てを選手に伝授」

 小中高社会人と世界で活躍したコーチとの出会いにより多くの知識、技術を習得し、国体優勝などの実績を積んできました。
 早稲田大学時代はキャプテンを務め、実業団の北都銀行に就職し実業団選手として活動しました。
 これまでの経験をもとに選手の育成に全力で取り組んでいきます。

最新の活動履歴・実績

平成28年度

----------------------------------------------------

平成28年度高知県総体
男子団体    ベスト8
女子団体    第4位(四国大会出場権獲得)
男子ダブルス  ベスト16
女子シングルス 準優勝(インターハイ出場権獲得)
        女子ダブルス  ベスト8        

----------------------------------------------------

春季大会
男子ダブルス  ベスト16
女子シングルス 優勝

----------------------------------------------------